コードクオリティの考え

コードクオリティは、開発メンバーがクオリティの高いソースコードを共有することで、
開発中の仕様変更だけでなくリリース後の仕様追加にも柔軟に対応できるシステムを提供します。

どんなマネジメントをしようとも、
ソースコードが完成しないと
システムは稼働しない
どんなに優れたプロジェクトマネージャが管理しても、どんなに詳細な設計書を作成しても、ソースコードが完成しないとシステムは動きません。そのため、コードクオリティではソースコードの完成を第一に考え、そのための方法を追求しています。
拡張していくシステムにおいて、
テストは動作保証しているだけで
品質保証にならない
一度リリースしたら拡張しないシステムであれば、どんなソースコードであってもテスト項目をクリアすれば品質を担保したといえるでしょう。しかし拡張していくシステムの場合、拡張のたびに費用や時間が膨大にかかるとしたら、そのシステムの価値は低いと言わざるを得ません。つまりテストはその時点での動作保証にはなりますが、テストを強化することが品質を高めることにはならないのです。
ソースコードを
引き継げるようにしておくことで、
スムーズにシステムを拡張する
システムを拡張していく場合、拡張内容によって必要となる人数が変動するので、システムの引き継ぎが必須になります。その際に、設計書だけでなくソースコードも引き継げなければ、スムーズな拡張が実現できません。いつでも引き継げる状態にしておくことで、作業の遅れや追加要求が発生しても迅速にカバーすることができるようになり、特定のメンバーに仕事が集中することを防ぎます。
メンバーが設計と実装の
両方を担当することで、
流動性と機動性を実現する
チームメンバーが、設計だけ・実装だけなど、特定のスキルに偏った集団だと、他のメンバーの仕事をカバーする範囲が狭くなってしまいます。そこでメンバー全員が設計と実装の両方を担当することで、お互いの仕事を幅広くカバーし合えるようにします。クライアントの要件を実現する際にも、設計と実装を同一人物で担当することで伝達ロスを無くし、スムーズに具体化していきます。